繊維化合成エポキシ系樹脂(滑り止め骨材含む)左官仕上げ

平成24年度より神戸市が管理する各所公園の階段段鼻に、視認性向上を兼ねた滑り止め加工としてスリップレイトΣ03が採用されています。

 施工前

視覚障害者(ロービジョン)の方はもちろん健常者にとっても、どこが階段段鼻なのか解りにくく、段鼻を踏み外す危険性のある階段等で使用されています。
滑り止め効果があり、段鼻部分の視認性を向上して識別化できる工法で、現況の床色に対し目立つ色の骨材(輝度比2.0以上を確保)を使用して、厚さ2ミリで仕上げ加工します。
(画像はイメージです。)

 施工後

繊維化合成エポキシ系樹脂(滑り止め骨材含む)左官仕上げ工法
スリップレイト∑03 http://kaidan-suberidome.t-ground.co.jp/?page_id=12

倒事故撲滅!!
防滑施工の重要性 http://kaidan-suberidome.t-ground.co.jp/?page_id=8

弊社ホームページ http://www.t-ground.co.jp/

弊社ではホームページで公開している工法の他にも、さまざまな条件や状況に合った適材を取り扱い、すべての床材・ロケーションの滑り止めについて適切にコンサルティングいたしますので、お気軽にご相談ください。
滑り止め対策でお困りの管理者様、今すぐ下記にご連絡下さい。
TEL 0725-40-3622 FAX 0725-40-3623 mail info@t-ground.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA