夜道を照らす電球付きの傘

Excite Bit コネタ 2013年7月30日 07時00分 (2013年8月1日 20時06分)

暗い夜道は危険である。階段を踏み外したり、障害物に躓いたりして、足を骨折……なんていうことも。雨が降っているときは、なおのこと滑りやすいのでとても危ない。また、自転車などの鍵の開閉も、暗いところではなかなか思うようにできない経験をしたことがあるだろう。そこで、暗い場所を照らしてくれる一石二鳥のアイテムがあるので紹介しよう。

それは、傘全体が光る電球付きの傘『bright night』(白箱.com)。傘上部に搭載した6Vのクリプトン電球が光ることで、傘下の直径180センチの範囲を照らし、約30メートル離れたところからも視認できるという。電源は単三形乾電池4本でグリップ部分に入っている。持続時間は約3時間(連続使用時)。これなら雨の夜道を歩くのには心強そう。

傘としての堅牢性も備えており、傘骨にポリカーボネードを使用することで11メートルの強風に耐えるほか、傘表面生地は特殊撥加工で、軽く振るだけで付着した水を切れる。さらに、女性のキレイに伸ばした爪を傷つけないために、開閉金具部分にネイルプロテクションを施している。そして、カラーは5種類、プラス子供用の計6種類をラインアップする。

同製品を販売するおもしろ雑貨ショップの「白箱.com」に、ちょっと気になるところを質問してみた。
まず、持っていて電池の重さがとくに気になるようなことはないか。
「物理的に乾電池分は重くなりますが、腕にそんなに負荷が掛かるほどではありません。また、この傘はグリップ部分がフラット(ひらたい)な形状なので、持ちやすい(握りやすく)です」

電球部分やバッテリー部分に防水機能はあるのか。
「グリップ(バッテリー)部は防滴仕様となっており、傘骨の先端部分は電球部分への雨水が伝わりにくい工夫が施されています。ふつうに使う分にはまったく問題ありません」

6種類のラインアップのうち、とくに人気のものは。
「まあ、夏前のこの時期の販売ということもあり、涼しい水色のRipple Effectが人気ナンバーワンです。

ただ、長い目でみれば、とくに秋口になるとMonsoonも人気が出る色だと思います」

最後に、ユーザーの評判はどうか。
「普段使いはもちろんですがゴルフファッションによくあう傘なので、暗い雨天のゴルフなどでクラブ選び、ボール探しに使いたい」
「犬の散歩に使います」
「秘書(運転手)の方から、社長の送迎のアクセントに(配慮)」
といったユーザーの声があるそうだ。

夜、街のネオンだけでなく、傘まで光る世の中になった。これで景気がよくなって、明るい世の中になればいいなぁ。
(羽石竜示)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA